事故時に行うべきこと

過去の事例からも分かる通り、被害者側の望んでいる金額通り保障がなされないこともあります。また、本人の知識不足も関係し、いわゆる『泣き寝入り』のような事態になってしまうことも稀にあります。事故当時、パニックになって相手の示談に応じてしまうこともあるでしょう。しかし、それは可能な限り避けるべきです。

その当時は被害が少ないと思っていても、後になって車や身体的な被害が大きいことに気付いてしまうことがあるからです。ですから、事故に遭った場合はすぐに相手の身元を控えておくこと、警察に連絡すること、身体への被害が大したことが無いと思っていても一応病院を受診すること、弁護士などしかるべき相手に相談する事…それらが今後のために繋がります。

参照ページ……交通事故被害の相談サイト【交通事故被害者救済サイト】

交通事故を引き起こしてしまった側は、それらにきちんと応じ、相手が怪我している場合は真っ先に救急車を呼ぶ、救護を行うといったことが義務として求められています。

普段安全を意識して運転を行っていてもふとしたことがきっかけで事故を起こしてしまうことがあります。疲労がたまっている時、急いでいる時、具合が悪い時などは、特に運転に関しては注意するべきでしょう。判断力が鈍っているので、いつもよりも事故を起こしてしまう可能性が高くなります。