安全と起こりうる交通事故

私たちは日々安全に注意して生活していますが、生活の中で安全を意識しなければならない機会というのは私達が思っている以上にたくさんあり、それらすべてを私達が両立させる必要がある、という点を理解しています。特に、自分たちの健康、生命に直結する事柄であれば、可能な限り安全を第一に生活していかなければならないことを実感しています。特に、自分たちが利用する頻度の高い事柄であれば、なおさらその通りであるといえますが、そのように私達が使用する頻度が高く、かつ「安全」を第一に意識しなければならないときは、どのようなときでしょうか。その一つに、「車の運転」があります。

車の運転に関しては、私たちは基本的な事柄は理解しているとはいえ、目的と安全というものを両立させることができるか、という点は異なっています。余裕を持って運転していれば良いですが、急いでいるときはどうしても危険の伴う運転に走ってしまいがちです。

私たちは単に自分たちが事故を起こさなければ良い、というだけではなく、他人に怪我を負わせない、事故の原因とならない、ということが第一に求められます。私達が行う運転によって、同時に運転している他の多くの人にも多大な影響を与えるということを意識しなければなりません。他人を巻き込む交通事故を引き起こしてしまった場合、補償の問題や慰謝料の問題などに発展する可能性があります。そういった問題は、事故の影響そのものよりも、問題が長期化しやすい傾向にあります。