慰謝料と後遺障害

「慰謝料」とは、被害者(損失を受けた側)に対して、身体的、精神的な損失を受けたことへの補償を行うことです。その程度に応じて、相応の金額を相手方に支払うこととなります。交通事故においては、慰謝料請求の他、被害者がその事故によって後遺障害を負ってしまった場合、その保障もしなければなりません。それもやはり、相手の後遺障害の程度によって支払う金額が異なってきます。

被害者側は、それらを請求する時、手続等を自分で行う事も可能ですが、たいていは正確を期す為に弁護士に依頼できます。結果的に、自分で行うよりも、その方がより支払われる金額が大きくなることが多いからです。ですから、被害者側はできるだけ相応の補償を相手側からしてもらうために、弁護士を味方に付けることは正しいことです。加害者側が加入している保険会社との交渉も、弁護士に任せた方が良い結果が得られると言えるでしょう。

慰謝料請求の他、もし後遺障害を負ってしまった場合は、第三者(医者等)に後遺障害を負っていることを証明する必要があります。そうして等級を得て初めて、後遺障害の補償を請求することができます。それらの手続きを怠った場合、保障がなされないまま終わってしまうこともあります。